女の人

しわに効く化粧品で若返りも夢じゃなくなる

肌に優しい洗顔を

固形石鹸

よく泡立てるのがコツ

刺激に弱い肌は、洗顔でも大きな負担がかかっているかも知れません。刺激に負けてしまうからといって顔を洗うことを止めるわけにはいきませんので、その場合は洗顔石鹸を利用するのが賢い選択です。洗顔石鹸はただ使用するだけでも肌に優しいので労わりながら汚れを取り除けますが、より効果的に使用するには泡立てる必要があります。泡立てる際は、キメの細かな泡を作るように心がけます。そうすることで力を入れてゴシゴシとこすらなくても、毛穴に入り込んだ汚れや皮脂を自然に吸着してくれますので、いつでも清潔な肌を維持することができます。泡立ちが悪いタイプでも、泡立てネットを使えばキメの細かな泡を簡単に作ることができてお勧めです。

含まれる成分には注意

洗顔石鹸が肌に優しいのは純度が高いからです。不要なものがたくさん含まれているような洗顔剤は肌への刺激が大きく、正常なバリア機能を損ねる原因にもなります。洗顔石鹸はどのようなタイプを選んでも比較的安心なのですが、中には合成添加物や香料、界面活性剤等が含まれているケースもありますので、その場合は肌にとって良いとは言えません。より肌に優しい商品を選ぶためには、含まれている成分を一つ一つ丁寧にチェックすることが大切です。香料は良い香りを出すために含まれるものであり使い心地を左右する重要な要素であると考える人も大勢いますが、実は刺激物として筆頭にあげられるものですので、含まれていない方がよりベターです。