女の人

しわに効く化粧品で若返りも夢じゃなくなる

石鹸だけで角質ケア

ソープ

ピーリングが自宅で出来る

メディカルエステのケミカルピーリングは、いつまでも肌を綺麗に保ちたい人に人気です。ピーリングをすると薬液が肌に染み込み、真皮層でコラーゲンの働きを活性化させます。コラーゲンが増えると肌にハリがでて、しわや毛穴が目立たなくなり、透明感が生まれます。そんなケミカルピーリングを自宅で再現できるのがピーリング石鹸です。ピーリング石鹸はケミカルピーリングと似た作用がある石鹸です。よく泡立てて顔を洗うと、ターンオーバーが促進されて溜まった角質が溶けます。グリコール酸を配合したピーリング石鹸は角質を溶かす効果が強く、肌への負担も最小限です。皮脂腺の過剰な活動を抑制する働きがあるので、ニキビ肌の肌質改善にも勧めです。

使うときの注意事項

角質に対して強い働きがあるピーリング石鹸は、一般的な固形石鹸と成分が違います。ピーリング石鹸は、使っていい時と、使うのを避けたほうがいい時があります。ニキビの化膿や炎症がひどいときは、ニキビが悪化するリスクがあるので避けるべきです。腫れ、キズ、やけどなどがある場合も同じです。また、肌が健康な状態であっても、目の周り、唇などの皮膚が薄いエリアを避けて洗うことが大切です。皮膚が薄く肌が弱い場合、ピーリング石鹸を毎日使うと角質が薄くなり、ますます刺激に弱くなります。敏感肌の人は低刺激なピーリング石鹸を選ぶ必要があります。そして毎日使うのは避け、一か月に5回や6回ぐらいのペースで使用するのが理想的です。